厳しい予備校に行って医学部に合格

授業を少人数でする予備校でした

2年目に入ったところは、授業を少人数でする予備校でした。
これが良かったのだと思います。
少ない人数なのでスマホなんかをいじっていたら、先生に気付かれてしまいます。
おまけに授業の時はあてられるので、予習や宿題をしっかりやっておかなければなりません。
特に英語の授業が良かったです。
英語は1年目の浪人の時に点数が伸びない教科でした。
自分が勉強しなかったのが悪いのですが、前の学校の授業ではやる気が出なかったことも確かです。
2年目の学校ではきちんと勉強していないと、先生に怒られるので必死なって勉強しました。
例えば、英語の文章を訳していなかったら、厳しく怒られました。
最初は起こられるのが嫌だったのですが、先生が自分のためを思って叱ってくれていることが、だんだん分かってきました。
怒られる時はとことん怒られますが、嫌みなことなどを言われることはありませんでした。
もちろん体罰もありません。
これが本当に厳しさだと気づくようになり、先生方に感謝するようになりました。

2浪しましたが、医学部に合格授業を少人数でする予備校でした成績はぐんぐん良くなりました