厳しい予備校に行って医学部に合格

2浪しましたが、医学部に合格

2浪しましたが、医学部に合格することができました。
2年目に通ったところは厳しい予備校だったので、そこを選んだことが合格につながったと思います。
一年目に通った予備校は大手でした。
悪い学校ではなかったのですが、私が手を抜いてしまいました。
授業を真面目に聞かなかったのです。
一クラスの生徒の人数が多いので、先生の目が行き届きません。
授業中はうしろの方に座って、スマホをいじっていることが多かったです。
それでも授業の内容は良くて、苦手だった化学は得意になりました。
化学の先生は話がうまくて、授業も面白かったです。
でも文系の科目の方は私に合っていませんでした。
特に英語の授業は楽しくなかったです。
一応説明してくれるのですが、暗記を強調する先生でした。
私は理系なので、暗記よりも考える方が好きです。
一生懸命勉強しないといけないのに中途半端な気持ちのまま学校に通って、あっという間に受験の日になりました。
後半は自分なりに頑張ったと思うので、合格するかもと思ったのですが、ダメでした。
そこで2年目からは予備校を変えることにしました。
1年目は甘えがあったので、厳しい学校にしようと思いました。
医学の場合は2浪ぐらいは普通だという気持ちもあったのですが、さすがに3浪は嫌でした。

2浪しましたが、医学部に合格授業を少人数でする予備校でした成績はぐんぐん良くなりました